落合陽一 天才

落合陽一 天才が英語を使う時に気をつけていること

研究成果を発表する時はすべて英語を使う

落合陽一氏の最も得意とする研究を発表する時、彼や彼のラボの人達は日本語で情報発信することはまずない、

すべて英語でスピーチや論文を書いたり話したりする。

では、落合氏は一体どういったことに気をつけて発表しているのだろうか。

意識しているラテン語動詞を使うこと

落合氏は自身のインタビューや本の中で英語を使う時にはラテン語系の動詞を使い、

ゲルマン語系の動詞はなるべく使わないと言っている。

そもそもラテン語系とは、古代ローマ帝国で使われていた言葉に由来する言語であり、

ゲルマン語系とは、イギリスを侵略したバイキングが使っていた言葉に由来する言語である。

ゲルマン語系の動詞は例えば、have、makeなどがあり、

1つの単語で使う言葉の意味や単語の機能が多く単語も不規則に変化する。

ラテン語系の動詞は言葉の意味が文語ごとに決められていて規則的に変化する。

ラテン語系の動詞の方が伝わりやすい。

文は短く区切りシンプルな言葉を使う

落合氏はスピーチなどで話す時できるだけ短い文を用いて、

回りくどい言葉を使わないようにしているのだという。

そのような事を意識しているから、発音がそんなに良くなくても伝わるのだと思う。

まとめ

落合氏が英語を使う時になるべく伝わりやすいように、

英語の中でも曖昧な表現の言葉は避けたり、短文でシンプルに伝えたりしている。

英語を使う理由を明確にしてから、どのように伝えたら、

相手に伝わりやすいのかという名を考えて使った方が、良いと思う。